つまらない仕事はプログラミングにやらせよう

ONE HUMAN UNIT

https://ciprogram.jp

スポンサーリンク

RPA

【Blue Prism入門】オールインワンサーバー1台構成のBluePrismと開発クライアントの接続について

投稿日:

Blue Prismをスモールスタートするための構成

Blue Prismの構成について、ベンダーから提示される構成図を見てみると

だいたいBlue Prismのアーキテクチャを踏襲し、ランタイムリソース、APサーバー、DBサーバーが分かれたものが提示されます。

もしスモールスタートするなら、それらを1つのサーバーに乗っけるのは全然ありです。

オンプレミスでなければ、必要に応じてメモリなどのリソースをスケールアップすればいいわけですしね。

Blue Prismサーバーと開発クライアントを接続してみる

まずはポート開放

まずはBlue Prismサーバーのポートを開けます。

ポート設定は検索するとあまた出てきます。

受信のTCPポートを8199で開けておきます。

次にBlue Prismサーバーサイドの暗号化方式設定

サーバーサイドのBluePrismのシステム>セキュリティ>暗号化方式を選択。

新規作成で、DBサーバーを選びます(APサーバーないし……)

Blue PrismサーバーサイドでBPServer起動

BPServerはBlue Prismをインストールしたフォルダにあります。

パス


C:\Program Files\Blue Prism Limited\Blue Prism Automate\BPServer.exe

▼BPServerを起動すると以下のような画面が表示されます。新規を押下。

▼データベース接続にBlue Prismサーバー、ホスト名を設定します。

▼クライアント側でブループリズムを起動し、新しい接続をクリック。

▼ホスト名、接続モード、ポートがあっていれば接続できますよん

 

ということでざっくり書いてきました。

もしかしたらエラーがあるかもしれませんが、安心してください。

Goole先生が答えを持っています。

僕もここまで特にベンダーとやり取りなくやっていきました。

初期設定70万とるベンダーもいますが、自分でも意外といけるもんですよー!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

comodo

-RPA
-,

Copyright© ONE HUMAN UNIT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.