つまらない仕事はプログラミングにやらせよう

ONE HUMAN UNIT

スポンサーリンク

RPA

【Blue Prism入門】他のRPAと比べて俄然押したいところ、Diffが簡単にとれるからエビデンス取得も楽だし、統制上もすばらしいよというはなし

投稿日:

RPA選定時の経営へのアプローチを思い出してみる

▼あれは、36万――

▼いや、1万4千年前

いやつい最近の話。

経営から許しを得てBlue Prismを導入しました。

その時、各社の製品を横並びで評価し提案しました。

ライセンス料の安さ120万円/年というのも魅力の一つ。

しかし、経営陣も安かろう悪かろうに敏感です。

値段で比べれば下を見ればきりがない。

Blue Prismは値段だけじゃないでっせというのも押して導入が決まりました。

その1つが、Blue Prismは変更履歴だけじゃなく変更箇所もとりやすいこと。

created by Rinker
¥2,200 (2019/11/20 06:37:13時点 楽天市場調べ-詳細)

 

Blue Prismはどこまで変更箇所をトレースできるのか

では見てみましょう。

これは完全にステージを適当に置いただけのプロセスです。

▼変更前のプロセス。

▼そして、プロセスを追加。

変更を保存。

そして変更履歴から、履歴と変更を比較します。

▼選択して比較を実行すると

▼あら、影響のあったステージが一目瞭然!

これが某RDAの製品だと、ファイルの変更有無は変更日付で管理しているレベルっていう。

ログだって該当箇所を削除されたらわからないしね。

もちろんサブバージョンや、ログファイルをシャドウコピーするなりすればいいのですが、

別製品の手を借りないで単体でここまでできるっていうのがBlue Prismの素晴らしいところ。

Blue Prismで履歴から変更を戻すには

そして変更が記録されているということは――

そうだね、戻しもできるってことだね。

▼戻したいプロセスの履歴をエクスポートしてやります。

▼プロセスだけじゃなく、オブジェクトもエクスポートできるよ

▼エクスポートしたい場所を指定

▼次は復元のためにインポートします。

エクスポートしてやったファイルをインポートしてやればいいだけです。

▼はい完了

▼当然、戻しの履歴もトレースできます

いやはや素晴らしいね。

しばらくはBlue Prismをいじりたおしたい。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

つくし

-RPA
-,

Copyright© ONE HUMAN UNIT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.