スポンサーリンク

RPA

【RPA】Blue Prismエラーが起きた時にキューをすべて削除したい

インタラクティブクライアントでテストしてるときにありがち

キューを使った実装でテストしてると、途中でエラーが起きた時にキューが残る――

いや、どこまで処理したかが追えるのがワークキューのいいところだけど、テスト中はちょっと邪魔くさい。

コントロールルームからワークキューを選択して、例外としてマークとして、からの削除だなんてめんどくさすぎる。

であれば、例外を捕捉したときの後始末としてワークキューのすべてを消し去りたい。

そう、すべてだ

ということで、テストの効率化のために使うだけのオブジェクトっていうのも考えてみた。

いよいよ自分を限界まで効率化せねばならない時が来たようだ。

え!? テストでエラーが出なければそんな必要ないって

そうだね……

そうだよ……

その通りだぜ!

テスト中にエラーを捕捉したら、キューは全部例外にしちゃおう

そうだオブジェクトにしちゃえ

ということでオブジェクトにして再利用性を高めて幸せになりましょう。

キュー名は引数で渡してやります。

あとはそのキューからアイテムをすべて取得して、すべて例外としてマークしてやればいいのさ

▼こんな感じにね

ルター : たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える。



スポンサーリンク

-RPA
-,

© 2020 ONE HUMAN UNIT Powered by AFFINGER5