つまらない仕事はプログラミングにやらせよう

ONE HUMAN UNIT

スポンサーリンク

GoogleAppsScript

コピペで使える! GoogleAppsScriptでGmailに添付されたファイルを自動でドライブ上のフォルダに保存できるメソッド

投稿日:

添付されたファイルを自動でドライブ上に保存したい

最近では電子化の波で、給与明細などもPDFで送られてきたりします。

プロジェクトでやり取りしているファイルも、なんだかんだ保存しないで都度メールを探して確認すると

余計な時間が掛かってしまう……

ということで、自動で添付ファイルをドライブに保存してしまう関数です。

GASで時限起動させれば、定期的に保存されるのでメールに埋もれる心配もありません。

コピペで使えるメールの添付ファイルをドライブに保存する関数


function getAttachements(){
  // 添付ファイルを格納するドライブ上のフォルダを指定
  var FOLDER_ID = 'XXXXXXXXXXXXXXXX';
  // 添付ファイルを読み込む対象のメールを特定できるラベルを指定
  var SEARCH_TERM = 'label:ラベル名 ';

  // 保存先フォルダを取得
  var targetFolder = DriveApp.getFolderById(FOLDER_ID);

  // Gmeilをラベルで検索する(500件)
  var searchMailResult = GmailApp.search(SEARCH_TERM, 0, 500);

  // Gmeilをラベルで検索する(500件)
  var targetMail = GmailApp.getMessagesForThreads(searchMailResult);

  for(var mailIdx in targetMail){
    
    for(var threadIdx in targetMail[mailIdx]){
      
      // 添付ファイルを取得する
      var attachments = targetMail[mailIdx][threadIdx].getAttachments();
      
      for(var fileIdx in attachments){

        // 添付されたファイル(1通に複数添付されていても)をドライブ上のフォルダに格納
        targetFolder.createFile(attachments[fileIdx]);
      }
    }
  }
}

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

つくし

-GoogleAppsScript
-

Copyright© ONE HUMAN UNIT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.