HumanからRPA技術者検定(エキスパート)の過去問が出たから買ってみたよ

Sponsored Link

とうとう発売されたRPA技術者検定エキスパートの過去問

はい、やっと発売されました。

電子書籍 WinActor ® RPA技術者検定エキスパート ~実施問題と解説~

これが、なかなかいけていなくて電子書籍なのにkindleやkoboではなくてhumanから送られてきたURLにアクセスしてみるという代物……

一応ホットな技術であるRPAなのに、ホットじゃないメディアが扱っているというね。

まあそこには何もいいますまい。

WinActorの資格RPA技術者検定エキスパートの勉強してみよう

RPA技術者検定エキスパートの過去問

書籍内で解説されているのは――

  • 第一回 2018年5月27日
  • 第二回 2018年8月26日
  • 第三回 2018年11月25日

上記3回分が掲載されています。

1回の試験で4問が出題されるので、12問分の過去問掲載されています。

気になるお値段は――

¥ 3,780(税込)

なかなかのもんです。

RPA技術者検定エキスパート受験時の注意

年4回の試験だし、受験料も15000円とお高い(でも採点の手間を考えると妥当だと思うんだよなぁ、実技だし)のでなるべく一発で受かりたい。

しかし本家のサイトに情報が少ないので、情報収集するには購入するしかありません。

ただ試験概要について特に重要なことが記述されていました。

RPA技術者試験 出題問題について

全部で4問出題されます。2問が新規シナリオ構築、2問が既存シナリオに対する修正要件の適用です。

問1、問4が新規シナリオ作成で、問2、問3が既存シナリオ修正とサンドイッチ型で振り分けられています。

時間配分間違えると問4が出来上がらない危険がありますね。

RPA技術者試験 シナリオ作成上の注意

これは特に知っておいてよかったです。

WinActorでこなれてくると既存ライブラリでは必要な動作が実現せず、

自分でスクリプト(VBScript)をいじったりしてしまうものです。

しかし、試験ではこれが禁止事項となっています。

下で過去問解いたとき、平気でスクリプトいじちゃったなぁ……(だって、サイトには書いてかなったし)

WinActorの資格RPA技術者検定エキスパートの勉強してみよう

RPA技術者検定エキスパート 出題傾向について

フラグ管理が多い印象です。Excelを操作後、操作済みフラグをセルに入力する的な。

後は日付操作ですね。月末月初を取得したり、和暦西暦を変換したり。

もう少し問題を読み込んで追記します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください