https://ciprogram.jp

最近の投稿

スポンサーリンク

RPA

【RPA】Blue Prismのコードステージを使わずに会計年度取得や上期下期判定してみよう

今日もBlue Prismの小技をやっていくよ

さて昨日の今日です。

【RPA】Blue Prismのコードステージを使わずにSAPの会計期間を取得してみよう

 

こういうの楽しい。現実逃避

さて、今日は会計年度と上期下期を取得する。

結構あるよね。フォルダ階層が年度で分かれてたり、

上期、下期フォルダっていうのがあったり。

そのデータ履歴管理してほんとに振り返るのか問い詰めたい。

さて、日付と言えばおなじみのUtility - Date and Time Manipulation.xml

改めて、確認してみよう。

  • Clean Up
  • Format Date
  • DateAdd
  • Get Time of Day
  • Get Last Working Day
  • Get Maximum TimeSpan
  • UTC To Local
  • Local To UTC
  • Get Time Zones

ニッチですものね。

各々方でつくりましょう。

ということで作っていく。

Blue Prismで会計年度を取得する

まずは今日日付を取得です。

フォーマットして月を取得します。

4月が期首の会社であれば、1-3月は西暦-1になりますね。

▼Now()関数を使ってはいけない理由は下記リンク参照


FormatDateTime(Now() + LocalTime() - UTCTime(), "MM")

【RPA】Blue Prismで現在の時刻を取りたい。でもNow()関数は日本時間じゃないから気を付けて

 

次に判定を入れます。

1-3月であれば、1年引いた数字を取得したいので――

▼Trueであれば


ToNumber(FormatDateTime(Now() + LocalTime() - UTCTime(), "yyyy")) - 1

▼Falseであれば


ToNumber(FormatDateTime(Now() + LocalTime() - UTCTime(), "yyyy")) - 1

▼そして、結果は戻り値としてかえしてやると――

実行!

Blue Prismで上期か下期か判定し結果を取得する

なんだか似たような内容であれですが……

4月期首の会社であれば4‐9が上期で10-3が下期ですね。

てことで、実装していきましょう。

会計年度のフローを複製しましょう。

▼条件分岐をかえてやります


3<[対象月] AND [対象月]<=9

▼True

結果保存先の型をテキストに変えるのを忘れずにね!

Falseの場合は下期を設定。

▼そしてフローは……まぁこうなるわな

▼そして実行結果

 

小ネタはいいねェ。リリンの生み出した文化の極みだよ。

 

最近の投稿

スポンサーリンク

-RPA
-,

© 2020 ONE HUMAN UNIT Powered by AFFINGER5