つまらない仕事はプログラミングにやらせよう

ONE HUMAN UNIT

スポンサーリンク

RPA

【Blue Prism入門】仮想化されたランタイムリソースをモニタリングするためにUltraVNCを入れる。オールインサーバーでサーバーをランタイムリソースとしても使うZE

投稿日:

仮想環境でBluePrismのランタイムリソースのモニタリングをする

Blue Prismは構成、制御、モニタリングにリモートアクセステクノロジの利用を推奨しています。※

いや、うちだってリモートデスクトップ接続使ってまっせというあなた。

はい、僕です。

リモートデスクトップ接続は特に不適切であるとまで……

理由としてはユーザー認証時に前回接続ユーザーがロックアウトされたり、接続ごとに個別デスクトップセッションが作成されたり、と

まあ確かにとうなづくことしかできない。

確かにスケジュール実行するためには永続的な接続が必要ですな。

てかリモートデスクトップ切るとBlue Prismの画面描画後が必要な操作で落ちるのそういう理由か……

結構悩んだのよね……

ということで、VNCをいれるお!!

※「コントロールおよびモニタリングのためのリモートアクセス」参照

Blue PrismのモニタリングのためにUltraVNCをいれる

そもそもVNCはVirtual Network Computingというネットワーク上のPC、サーバーを遠隔操作するためのツールです。

そういえば運用やってた時、使ってたなぁ……

各サーバーごとにバージョンや製品が違って糞めんどくさかった。

今回UltraVNCを選んだのは単純にシンプルにストレートに無料だからです。

VMware vSphereやTivoli Remote Controlが監査ログにアクセスできるユーザーを指定できるなど

Blue Prismを導入するならこちらを入れたいですね。

来世でいれよう。

手順は――

  1. ダウンロード
  2. 仮想マシン(ランタイムリソース、サーバー)サイドにUltraVNCServerのインストール
  3. クライアントサイドにUltraVNCViewerをインストールし、サーバーのIPを設定
  4. サーバーを再起動して、クライアントから接続をこころみる
  5. (゚д゚)ウマー



ダウンロード

まずはこれがなくてははじまらないですね。

https://www.uvnc.com/downloads/ultravnc.html

仮想マシン(ランタイムリソース、サーバー)サイドにUltraVNCServerのインストール

▼アクセプトしないとはじまらない

▼サーバーを選択

▼UltraVNCをサービスに登録、起動設定にチェックしておきましょう

▼設定プロパティでパスワードをしてあげます。DSM Pluginの設定をしてやるとAES暗号化通信もできるよ。

そして再起動。

クライアントサイドにUltraVNCViewerをインストールし、サーバーのIPを設定

▼Viewerをインストール

UltraVNCをサービスに登録、起動設定は不要です。

仮想環境にアクセスしたいときにViewerを起動すればいいので。

▼Viewer側ではサーバーのIPを設定し、サーバー側のUltraVNCで設定したパスワードでログインできます。

ミッション完了

これでオールインワンサーバーでスケジュール実行ができる。

どんどん巣立っていってほしいもんです。



スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

comodo

-RPA
-,

Copyright© ONE HUMAN UNIT , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.